沖縄県警少年課は2日までに、大麻を所持したとして本島中部の2人の男子高校生=当時(18)=と、無職の少年(18)を大麻取締法違反の疑いで逮捕した。そのうち男子高校生1人と同居人の女子高校生=当時(18)=を合成麻薬LSDを共同で所持していたとして、麻薬および向精神薬取締法違反の疑いで逮捕した。2人はすでに釈放された。理由は明らかにしていない。

沖縄県警のパトカー

 同課によると1月18日、本島中部で不審な車両を見つけた警察官が、車内から大麻を液状化した「大麻リキッド」を発見。車内にいた当時高校生の男子2人を3月17日、大麻取締法違反の疑いで逮捕した。高校生の自宅を家宅捜索し、1人の自宅からLSDを発見、その同居人の女子高生とともに5月10日、逮捕した。

 調べで男子高校生らの友人で無職の少年の大麻所持が浮上。捜査員が家宅捜索し大麻リキッドを発見。大麻取締法違反の疑いで逮捕した。県警は5月末現在(暫定値)、違法薬物事犯で未成年者を21人(うち高校生7人)を逮捕している。