嘉手納基地(沖縄県)で2日午後2時45分ごろ、米海軍の原子力空母ロナルド・レーガン艦載のFA18戦闘機1機が機体左側に実弾を搭載した状態で飛来したのが確認された。爆弾投下訓練中、何らかの原因で左側の実弾が投下できず同基地に飛来した可能性がある。