大弦小弦

[大弦小弦]墜落、胴体着陸を相次いで起こしたオスプレイが・・・

2016年12月20日 08:01

 墜落、胴体着陸を相次いで起こしたオスプレイが飛行を再開した。普天間飛行場から墜落現場の名護市安部沖や高江上空を飛び、伊江島では午後10時前まで爆音をまき散らした。事故からまだ6日

▼2004年、沖国大に墜落したヘリは翌日のイラク出撃を控え、最終点検飛行中に落ちた。9日後、同型6機が国防長官命令でイラクに向かったが、普天間での同型ヘリの飛行再開までは2カ月を要した

▼再開前には、整備士が過労で部品を付け忘れたことが事故原因と公表。米軍はそれなりの手順を踏み、県民の怒りに注意を払っていたように思える

▼今回、操縦士が機体を最後まで制御したのなら、なぜ着陸用のヘリモードではなく固定翼モードのまま海岸に突っ込んだのか。説明がないから安全性への疑念は強まり、県民の不安は払拭(ふっしょく)されないままだ

▼墜落現場で張り込む同僚は米兵に笑顔で「楽しんでって」と言われた。米軍トップが操縦士を英雄扱いするため、重大事故との認識が末端まで浸透しない。それをたださず、一緒になって矮小(わいしょう)化する日本政府の姿勢が県民を危険にさらし続ける

▼毎年12月、普天間の訓練は激化するがクリスマス休暇前のメニュー消化のためとも言われる。反発必至の状況で再開を急いだ理由がクリスマスだとしたら、これほど県民を軽視した話はない。(磯野直)

基地で働く―軍作業員の戦後
沖縄タイムス社
沖縄タイムス社
売り上げランキング: 352,603

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

大弦小弦のバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS