墜落事故現場を抱える沖縄名護市の稲嶺進市長は19日午前、政府に対し「県民の生命、財産を確保するのが仕事ではないのか。あまりにもひど過ぎる」と抗議し、オスプレイの撤去を求めた。説明のため市役所を訪れた沖縄防衛局の高木健司次長に伝えた。 記者団に対しては、「欠陥機だったことを事故が証明している。