米軍のオスプレイ墜落事故から1週間も経過しない中での飛行訓練の再開に、沖縄県内の政党は一斉に抗議の声を上げ、訓練中止を求めた。 自民党県連の照屋守之会長は「県連として防衛相に直接抗議したばかりで、県民への配慮が足りず到底容認できない。