沖縄県警浦添署は19日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、浦添市の運転代行従業員の男(50)を現行犯逮捕した。「酒は抜けていると思った」と容疑を否認している。呼気1リットルから基準値(0・15ミリグラム)を上回る0・19ミリグラムのアルコールが検出されたという。