台風3号は5日午前9時現在、沖縄県西表島の北約50キロにあり、時速35キロで北東へ進んでいる。中心の気圧は1002ヘクトパスカル、最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。5日夜のはじめ頃には沖縄本島地方に接近する見込みで、沖縄気象台は土砂災害や浸水、河川の増水に十分注意するよう呼び掛けている。

6月5日正午時点の台風の進路予想図(気象庁HPより)

 台風は5日夜までには東シナ海で温帯低気圧に変わる見通し。気象台によると6日にかけて本島地方で多い所で1時間に40ミリ、先島諸島で多い所で1時間に50ミリの非常に激しい雨が降る見込み。積乱雲の発達の程度によっては、警報級の大雨になる恐れもある。