月桂(げっけい)樹のロゴで有名な英ファッションブランドのフレッドペリーは昨年、黒に黄色を配したポロシャツの販売を北米で中止した。人種差別団体が「制服」として着るようになったからだ▼「差別に使うのなら売らない」と客を追い返す明確な姿勢。