放送分野の優れた番組を表彰する第47回放送文化基金賞(主催・公益財団法人放送文化基金)が7日発表され、テレビドラマ部門の最優秀賞は、東日本大震災で津波が襲った宮城・牡鹿半島を舞台に被災者の10年間を描いたNHK仙台拠点放送局「宮城発地域ドラマ ペペロンチーノ」に決まった。

 最優秀賞は他に、テレビドキュメンタリー部門で名古屋テレビの「メ~テレドキュメント 面会報告」、テレビエンターテインメント部門で中京テレビ制作の「ウマい!安い!おもしろい!全日本びっくり仰店グランプリ」、ラジオ部門でRSK山陽放送「塀の中のラジオ 贖罪と更生 岡山刑務所から」が選ばれた。(共同通信)