ラーメン店「暖暮(だんぼ)」を展開するハートコネクションが、沖縄県の名護産ゴーヤーを使った「ゴーヤーラーメン」を1日から販売している。「ゴーヤーの里」として知られる名護市中山区で生産されたゴーヤーをふんだんに使用。3日は関係者らが、暖暮名護店で商品を試食し、PRした。

名護産ゴーヤーを使ったゴーヤーラーメン

ゴーヤーラーメンを試食する中山区長代理の川野圭輔さん=3日、暖暮名護店

名護産ゴーヤーを使ったゴーヤーラーメン ゴーヤーラーメンを試食する中山区長代理の川野圭輔さん=3日、暖暮名護店

 豚骨ベースにゴーヤーペーストを加えたスープの上に、薄くスライスして黒酢だれであえたゴーヤーをトッピング。レモンも添えて爽やかさもプラスした。

 友利美輝店舗マネージャーは、ゴーヤーの風味を残しつつ苦みを抑え、誰でも食べやすいさっぱりした味に仕上げたと説明。「夏にぴったりなゴーヤーラーメンを食べて夏バテを乗り切ってほしい」とPRした。

 試食した中山区長代理の川野圭輔さんは「豚骨スープとゴーヤーの苦みが程よくマッチしていて、とてもおいしい」と話した。

 ゴーヤーラーメンは税込み880円で1日20食限定。県内6店舗で食べられる。テークアウトも可能。