沖縄県出身女優、黒島結菜がヒロインを務め、2022年春に放送がスタートするNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」のキャストが1日に決まった。黒島演じる比嘉暢子の母親優子役は同じく県出身の仲間由紀恵、父親の賢三は同朝ドラ初出演の大森南朋が演じる。

ちむどんどん相関図

 沖縄の復帰50周年に合わせて放映される「ちむどんどん」は沖縄の「やんばる地方」で生まれ育ち、西洋料理のシェフを目指して上京する比嘉暢子が主人公。「食」のほか「家族」がドラマの大きなテーマとなる。

 暢子は4人きょうだいの設定で、兄の賢秀は竜星涼、姉の良子は川口春奈、妹の歌子は上白石萌歌とバラエティー豊かな配役となった。

 出演者の決定に当たり、1日にオンラインで会見した同ドラマの小林大児制作統括は「細雪」「若草物語」などの作品を意識しながら「ヒロインを中心とした、4きょうだいの物語でやってみたい」とのイメージを膨らませたと話す。

 その上で早い段階から母親役を仲間と想定しており、ヒロイン役に続く県出身女優の抜てきに「沖縄は日本の中でも文化の多様性が顕著に表れる土地で、人々の在り方に独特のものがある」と強調。

 「脚本だけでなく、俳優が演じるところで(ドラマに)感情移入してもらいたい。物語の背骨の部分を沖縄出身者で表現できればと思った」とキャスティングに期待した。

 仲間演じる優子は優しく強い、沖縄の戦後を体現する母親像。父親の賢三はサトウキビ農家で、唄三線が大好きな穏やかな人物という設定。大森は出演に当たり「(賢三は)家族を愛し、唄三線を愛し、真っすぐ生きてきた人なのかな?時代に苛(さいな)まれながら生きてきた彼には許せない思いも、揺るぎない思いもあったのだと想像できます。そんな人間には惹(ひ)かれます」とコメントを寄せた。

 ドラマは今秋ごろにクランクインを予定している。