宮古島への陸上自衛隊配備に反対する市民団体「宮古島平和ネットワーク」の下地博盛、下地朝夫両共同代表らは7日、沖縄防衛局を訪れ、保良訓練場での空砲を使った夜間の屋外訓練や、同訓練場への弾薬搬入に抗議した。空砲訓練に関し、防衛局は「(事前に)お知らせした」としたが、...