沖縄県の謝花喜一郎副知事は8日、県庁に外務省沖縄事務所の橋本尚文沖縄担当大使と沖縄防衛局の田中利則局長を呼び、うるま市津堅島の畑に米軍普天間飛行場所属UH1ヘリが不時着したことに抗議した。原因究明までの間の同型機の飛行中止も要求した。

米軍ヘリの不時着について、田中利則沖縄防衛局長(右から2人目)に抗議文を手渡す謝花喜一郎副知事(右)=8日、県庁

 田中氏は「こうした事案が発生することは、地域の住民のみなさまの不安を惹起するものだ」とし、徹底的な整備や点検、安全管理の徹底を米軍に求めたと説明した。

 謝花氏は「一歩間違えば人命、財産に関わる重大名事故につながりかねず、周辺住民に大きな不安を与えるもので、大変遺憾だ」と批判した。

 事故発生時の迅速な情報提供や、午後10時から午前6時までの飛行を制限する航空機騒音規制措置の厳格な運用、普天間飛行場の早期閉鎖・返還も求めた。