選択的夫婦別姓の実現に向けて県内で活動する「選択的夫婦別姓・陳情アクション沖縄」(眞鶴さやか、砂川智江共同代表)が3日、県議会(赤嶺昇議長)に、国に法制化を求める意見書を提出するよう請願した。