社説

社説[菅氏初の党首討論]「不安」に答えていない

2021年6月10日 05:00

 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)状況下で、本当に安全で安心な東京五輪・パラリンピックを開催することができるのか。菅義偉首相からは国民が納得できる説明はなかった。

 自民党総裁である菅首相と野党4党首による党首討論が開かれた。菅政権になってから初めて。国会での党首討論は2年ぶりだ。

 野党トップたちは政府のコロナ対応や五輪開催の是非を中心に質問した。

 菅首相は「国民の命と安全を守るのが私の責務だ。守れなくなったら開かないのは当然だ」と従来の答弁を繰り返した。ただ、何をもって安全と言えるのかの判断基準は、またもや示されなかった。

 感染収束の「切り札」として首相が自信を見せたワクチン接種は、確かに進んでいる。しかし感染が広がりにくくなる「集団免疫」の効果が出るまでには、まだ時間がかかる。

 現在の「第4波」が収まっても、五輪開催に伴う人の移動が再び感染拡大につながりかねない、と政府の新型コロナ対策分科会の専門家らも危機感を強めている。

 首相は、来日する大会関係者をさらに減らすことや、海外メディアの行動管理を徹底することなどを説明したが、国民の不安を拭うには不十分だ。

 「世界が新型コロナという困難に立ち向かい、団結して乗り越えられた。そうしたことも日本から発信したい」とも述べた。だが、聞きたいのは、どういう状況ならば開催できるのかという科学的なリスク評価である。

■    ■

 党首討論は首相と野党党首が一対一で向き合い、骨太の議論を交わす場だ。

 しかし首相が突然、1964年の東京五輪の思い出を語り始めるなど質疑はかみ合わなかった。

 「高校生だったがいまだに鮮明に記憶している」と、大会の名場面など聞かれてもいないのにとうとうと話し続けた。

 五輪が世界を沸かせる「平和の祭典」で、アスリートたちの夢の舞台であることは分かっている。医療提供体制が逼(ひっ)迫(ぱく)し、国民に行動の制約が求められ続ける中、聞きたいのはそんな話ではない。緊張感を欠いている。

 一方で野党の側も「今国会最大のヤマ場」と位置付けていながら攻め手に欠けた。

 やはり45分間という時間の短さに無理がある。制度を見直して時間を拡大すべきだ。

■    ■

 今国会は16日に会期末を迎える。首相はワクチン接種の加速と五輪の成功を追い風に秋の衆院選に向かいたい考えだ。

 だが、党首討論で議論が深まらず消化不良に終わった。コロナ禍の打撃を受けた事業者への支援など引き続き協議しなければならない課題は少なくない。

 立憲民主党の枝野幸男代表は討論の場で、コロナ対策の補正予算編成などのために大幅な会期延長を求めた。当然の要求である。

 不測の事態に迅速に対応し危機を乗り切るためにも国会を閉じている場合ではない。

連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
楽でお得でポイント高し!
楽でお得でポイント高し!
「オール電化」はセイカツをどうカエルのか?護得久栄昇先生がオール電化生活の安心・お得な魅力を探った。
”コトバチカラ”特設サイト
”コトバチカラ”特設サイト
人々を勇気づけるアスリートのコトバを発信している特設サイト
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。