胃心地いいね

石垣島の常連客が継いだ旭川ラーメンの麺と味

2021年6月11日 11:49

[胃心地いいね](629) 旭川ラーメン「とっかり」 石垣市大川

一番人気でお薦めの旭川ラーメン「濃い口 しょうゆ味」

「お客さんの笑顔があふれるお店にしたい」と話す店主の筒井太一さん=8日、石垣市大川

旭川ラーメン「とっかり」

一番人気でお薦めの旭川ラーメン「濃い口 しょうゆ味」 「お客さんの笑顔があふれるお店にしたい」と話す店主の筒井太一さん=8日、石垣市大川 旭川ラーメン「とっかり」

 元々は大阪にあった有名店。約50年前に北海道から移り住んだ“頑固おやじ”が開いた。店名の「とっかり」はアイヌ民族の言葉で「アザラシ」を意味するという。

 そのおやじが数年前に高齢を理由に閉店を決意した際、一人の常連客が「この味がなくなるのは惜しい。引き継ぎたい」と名乗り出た。その客がオーナーとなり、別のラーメン店で働いていた岐阜県出身の筒井太一さん(41)を店長に迎え、1年間は大阪で営業。ことし3月からはオーナーがお気に入りの石垣島に店を移した。

 とっかりの味の特徴は旭川ラーメンを代表する中太のちぢれ麺。先代がこだわり抜いた自家製だ。筒井さんによると、開業当初は自家製麺の使用はまだ珍しく、先駆者的な存在だったという。「頑固者」とされるゆえんだ。今も麺だけは大阪の製麺所に依頼して作り続けている。

 メニューは旭川ラーメン4種とシンプルだ。「濃い口」と「あっさり」からなり、それぞれ「しょうゆ」と「しお」のいずれかを選ぶ。具材は県産チャーシューとメンマ、ネギで、煮卵を120円で追加できる。濃い口が880円、あっさりが800円と手頃だ。

 スープは豚骨と煮干し、昆布のだしがベース。中太のちぢれ麺がスープとよく絡み、絶妙な一体感をつくりだす。北海道由来のラーメンのため、熱を冷めにくくするラードをたっぷりと効かせており、熱々の本場の味を堪能できる。

 お薦めは濃い口のしょうゆ味。「深みのある味わい。『濃い』割にはすっきり食べられる」と筒井さん。一方のしお味はまろやかで女性に人気とPRする。「『おいしい』と満足して帰り、再び来店するお客さんが増えていてうれしい。石垣島に来て良かった」と手応え。新メニューなど一層の店舗の充実に意欲満々。(八重山支局・粟国祥輔)=金曜日掲載

 【お店データ】石垣市大川430の13。営業は午前11時~午後2時。緊急事態宣言の解除後はさらに午後6~11時も開店する。「チャーシューごはん」(330円)などもある。全15席。水・木曜日定休。駐車場有。電話090(9868)7519。

  連載「胃心地いいね」の記事をまとめたグルメサイトの試験版がこのほど、開設された。サイト名は「Dikitoon.com(ディキトーン・ドット・コム )」。2003年の企画開始からの過去記事のうち約250件を掲載。地図検索もでき、現在地から近い飲食店も探せる。利用者の反応を見ながら、改善を続け、完成を目指す。アドレスは https://www.dikitoon.com/

連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
楽でお得でポイント高し!
楽でお得でポイント高し!
「オール電化」はセイカツをどうカエルのか?護得久栄昇先生がオール電化生活の安心・お得な魅力を探った。
”コトバチカラ”特設サイト
”コトバチカラ”特設サイト
人々を勇気づけるアスリートのコトバを発信している特設サイト
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。