[ティンクティンクのコラムユイヤサ!](10)譜久村さやか

 小学5年生の頃、遠足で美ら海水族館へ行きました。普段は舞踊や三線の稽古ばかりの私にとって、遠足は何とも言えないウキウキした特別な行事だったのです。水族館の大きな水槽の中でスイスイ自由に泳ぐ魚やイルカショーを見て、とても楽しく過ごしていました。

 自由時間の時、友達と水槽の前でおしゃべりをしていた時のことです。水槽で泳いでいるマンタとよく目が合っているような気がしたので話しかけました。

 「ねぇ!何してるの?」「楽しそう!いいなぁ!」。

 もちろん、返事はありません。でも、ずっと声をかけていると「君も楽しそうだねー」と返事が返ってきました。

 最初は「え?しゃべった?」と不思議な感じがしましたが、うれしくて、たくさん話しか...