沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄のコロナ新規感染、7日連続で前週を下回る 宣言解除は慎重

2021年6月11日 07:10

 沖縄県は10日、10歳未満から90代の男女166人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。前週の木曜日より78人減少し、7日間連続で前週を下回った。ただ、県は感染者数は依然として高い水準で推移していると警戒を緩めていない。来週には専門家会議が開かれる予定だが、21日以降の緊急事態宣言の解除には慎重な意見も出そうだ。

那覇市の中心市街地

5・6月の沖縄の感染者

那覇市の中心市街地 5・6月の沖縄の感染者

 前週の木曜日は244人の新規感染者が確認されており、1週間で約3割減少した。新規感染者数が200人を割るのは5日連続となった。直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者数は94・05人で、2週間ぶりに100人を切った。

 ただ、減少傾向が続いているものの、木曜日としては過去4番目に多い。名護市の保育施設で保育士や園児計7人、南部保健所管内の高齢者施設で職員や利用者計9人とさまざまな場所で4件のクラスター(感染者集団)が確認された。

 こうした状況から、県の糸数公医療技監は「クラスターが起きると増加に転じる。警戒しながら見ている状況」と説明する。

 緊急事態宣言の解除については、感染症の専門家から夏休みに来県者が増えることなどを考えると、かなり減らしておくべきだという意見も出ている。

 糸数医療技監は「来週の専門家会議で、そういう提案も出ると思う。(医療機関の逼迫(ひっぱく)の)指標と併せて検証する」としている。

 また、県は入院先が決まらないコロナ患者を一時的に受け入れる待機所を、今週末にも開設すると明らかにした。20人程度を受け入れ、医師1人や看護師らが常駐する。

連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
楽でお得でポイント高し!
楽でお得でポイント高し!
「オール電化」はセイカツをどうカエルのか?護得久栄昇先生がオール電化生活の安心・お得な魅力を探った。
”コトバチカラ”特設サイト
”コトバチカラ”特設サイト
人々を勇気づけるアスリートのコトバを発信している特設サイト
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。