私的で悲しい本だ。「人間関係失敗談」と著者も言い切る。それでも読み進められずにはいられないのは、ふんわりとした独特の文体で、青春の輝きと挫折が鮮やかにつづられているからだ。