沖縄総合事務局は11日、沖縄県の国頭村安波に村が整備中の「やんばるパイナップルの丘・安波」を「道の駅」に登録したと発表した。施設は同村安波の県道70号国頭東線沿いにあり、県内では10番目、同村内では「ゆいゆい国頭」に続き2番目の登録になる。オープンは2022年3月を予定している。

新しく道の駅に登録された「やんばるパイナップルの丘 安波」のイメージ(沖縄総合事務局提供)

道の駅「やんばるパイナップルの丘・安波」

新しく道の駅に登録された「やんばるパイナップルの丘 安波」のイメージ(沖縄総合事務局提供) 道の駅「やんばるパイナップルの丘・安波」

 施設は、観光案内所や休憩・飲食、物販施設に加え、森林散策道や森林観察棟などを整備する。

 同事務局は特徴について「やんばる国立公園東部地域の周辺観光の拠点と位置付ける。豊かな自然や地域の特産物など地域資源を活用した観光窓口」と説明している。