那覇市壺屋に、シングルマザーの仲宗根麻紀さん(39)が経営する学習塾「インフィニティ進学スクール」がある。「誰もがより良い学習を受けられる環境をつくりたい」と、自身の経験を踏まえ、ひとり親や経済的に厳しい家庭の支援にも取り組んでいる。

子どもたちの学習を支援しようと、仲宗根麻紀さん(右)に寄付の目録を手渡す渡口尚樹社長(左)と佐久本嘉幸社長(中央)=那覇市壺屋

娘のために居酒屋経営をしながら、塾を立ち上げた仲宗根麻紀さん=那覇市壺屋

子どもたちの学習を支援しようと、仲宗根麻紀さん(右)に寄付の目録を手渡す渡口尚樹社長(左)と佐久本嘉幸社長(中央)=那覇市壺屋 娘のために居酒屋経営をしながら、塾を立ち上げた仲宗根麻紀さん=那覇市壺屋

 居酒屋を経営する傍ら、一人娘(13)のために塾を立ち上げたのは2019年。それまで日々の仕事に追われ、中学受験を控える娘を「集団の塾に放り投げて安心していた」という。しかし、成績は思うように伸びず、自ら理想の塾をつくろうと奮起した。

 英国人講師のほか数学の有名講師を定期的に県外から迎え入れ、小学生から高校生まで30人が通うようになった。

 一人一人への個別対応を重視するほか、ひとり親や経済的に厳しい家庭の保護者と面談しながら月謝を減免するなどの支援にも取り組んでいる。

 一方、新型コロナウイルスの影響で居酒屋は休業し、塾の生徒も10人まで減少。経営は厳しい状況だ。

 知人の紹介で塾の存在を知った佐久本工機の佐久本嘉幸社長と、十黄進ホームの渡口尚樹社長は2日、子どもたちの学習に役立ててもらおうと、2社で計50万円を寄付した。

 仲宗根さんは「支援を頂いて本当にありがたい。未来ある子どもたちに親身になって寄り添える場所にしたい。小さい塾だが、誰もがより良い教育を受けられる環境を目指していく」と力を込めた。

 学習塾への問い合わせは、電話098(914)1200。