[ニュース断面]

 うるま市昆布の米陸軍貯油施設から有機フッ素化合物PFOS(ピーホス)やPFOA(ピーホア)を含む汚水が漏出した事故で、県や市は、11日夜から12日にかけて、水質調査のため施設外で独自に周辺水路などから採水した。だが、米軍からの連絡が遅れ、事故発生から丸1日以上経過しており、事故の影響を正確に評価するのは困難に。中村正人市長は相次ぐ事故や連絡の遅れに怒りを隠さなかった。(政経部・大城大輔、社会部・砂川孫優、東京報道部・嘉良謙太朗)

 「大きな問題が残る。徹底して抗議したい」

 中村市長は、...