沖縄タイムス+プラス ニュース

五輪代表に沖縄県勢2人選出 重量挙げ男子 61kg級糸数と73kg級宮本 

2021年6月13日 08:40

 日本重量挙げ協会は12日、東京都内で理事会を開き、東京五輪の男子代表にリオデジャネイロ五輪4位で61キロ級の糸数陽一(30)=豊見城高-日大出、警視庁、73キロ級の宮本昌典(24)=沖縄工高-東京国際大出、同大職=らを選出した。国際連盟が11日に発表した五輪ランキングで条件を満たしていた。

重量挙げの東京五輪代表に選ばれた男子61キロ級の糸数陽一選手(左)と同73キロ級の宮本昌典選手=2020年12月

 糸数は初出場した2016年のリオ五輪で4位、17年の世界選手権で準優勝。19年にはスナッチ135キロ、ジャーク164キロ、トータル298キロの日本記録を樹立した。

 宮本は19年のインターナショナルフレンドシップでジャーク190キロ、昨年の全日本選手権でスナッチ155キロ、トータル345キロと3種目で日本新記録を出している。

 東京五輪代表に内定した県出身選手は自転車ロードレースの新城幸也(バーレーン・ヴィクトリアス)、レスリングの屋比久翔平(ALSOK)、空手形男子の喜友名諒(劉衛流龍鳳会)、カヌー・スプリントの當銘孝仁(三条市スポーツ協会)と合わせて6人。

沖縄選手10人の最新ニュースはこちらから

連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
東京五輪 沖縄選手の最新ニュース
東京五輪 沖縄選手の最新ニュース
東京五輪に出場する県出身選手の活躍を早く詳しくお伝えします。
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
楽でお得でポイント高し!
楽でお得でポイント高し!
「オール電化」はセイカツをどうカエルのか?護得久栄昇先生がオール電化生活の安心・お得な魅力を探った。
”コトバチカラ”特設サイト
”コトバチカラ”特設サイト
人々を勇気づけるアスリートのコトバを発信している特設サイト
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。