表現の自由や情報公開、国民主権の促進に貢献した個人・団体に贈られる「第9回日隅一雄情報流通促進賞」表彰式が12日、オンライン形式で行われ、奨励賞に沖縄戦遺骨収集ボランティア「ガマフヤー」の具志堅隆松代表が選ばれた。遺骨収集を通じ、名護市辺野古の新基地建設に新たな問題を提起したことが評価された。