沖縄県那覇署は13日、酒気を帯びた状態で車を運転したとして、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、在沖米海兵隊の上等兵(21)を現行犯逮捕した。調べに「事実については言いたくない」と容疑を否認している。呼気からは基準値の約1・25倍のアルコールが検知されたという。

(資料写真)パトカー

 逮捕容疑は13日午前6時10分ごろ、那覇市前島の国道58号で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転した疑い。巡回中のパトカーが、方向指示機を点灯させずに車線変更する車両を止めて職務質問し、発覚した。