沖縄戦当時の沖縄県知事、島田叡氏と警察部長の荒井退造氏が消息を絶った6月下旬の季語として「島守忌」(しまもりき)を提唱した、島田叡氏事跡顕彰期成会(嘉数昇明会長)は13日、沖縄県那覇市の城岳同窓会館で「島守忌」俳句大会の最後となる第5回の選考結果を発表した。

「島守忌」俳句大会の選考結果を発表する、島田叡氏事跡顕彰期成会の嘉数昇明会長(中央)ら=13日、沖縄県那覇市・城岳同窓会館

 県知事賞は一般の部で宜野湾市の90歳女性、いぶすき幸(こう)さんの「島守忌の風しろがねの韻(ひび)きあり」が、高校生の部は兵庫県立兵庫高2年の小松原深月さんの「ほほつたう涙で学ぶ島守忌」がそれぞれ選ばれた。

 大会には県内外から386人、596句の応募があった。同会によると、いぶすきさんは亡くなった夫が島田氏と同じ旧制神戸二中(兵庫高)出身という。

 受賞に「10年前、摩文仁岳の島守の塔の前で長い長い黙とうの後『神戸二中の大先輩がここに居られる』と今は亡き夫が話してくれた。島田氏の遺徳をしのび、亡き夫の思いを伝えられればと応募した。大変うれしく思います」とコメントを寄せた。

 小松原さんは「沖縄戦では多くの人が家族や大切な人を亡くし、涙を流したことを忘れてはいけないと思う」とした。

 2017年のプレ大会以降、延べ約1800人から3400余の投句があった。同会は「島守忌」が季語として一定、定着したとして終了を決めた。嘉数会長は「17文字に多くの人が思いを込め、広がりが生まれた。俳句大会を取り組んできて良かった。応援してくれた皆さんに感謝申し上げたい」と話した。

 その他の受賞者は以下の通り。(敬称略)

 【糸満市長賞】伊是名百蜂、久山はるか【沖縄タイムス社賞】高田郁子、田中花奈【琉球新報社賞】本村隆信、新垣蓮【島田叡氏事跡顕彰期成会会長賞】村田典枝、座安健太朗【特別賞】兵庫県加古川市立別府中学校