東芝は、昨年の定時株主総会の運営に問題があったと認定した外部弁護士の調査報告書に関し「指摘を真摯に受け止めている」との見解を発表した。「真相究明を行い、責任の所在を明確化する」と表明した。(共同通信)