沖縄タイムス+プラス ニュース

伸び盛り24歳宮本、初の五輪で強さ証明へ 重量挙げ73kg級 日本記録保持

2021年6月14日 09:00

 まだ24歳。伸び盛りの宮本昌典(東京国際大職)が、初の五輪切符を手にした。スナッチ155キロ、ジャーク190キロ、トータル345キロは全て男子73キロ級の日本記録。スナッチとトータルは昨年12月の全日本選手権で更新した記録だが、「トータル350キロでメダルが確実と思って調整してきた。届かず悔しい」と五輪の表彰台を見据えていた。

昨年の全日本選手権男子73キロ級で優勝した宮本昌典。初の五輪で表彰台を目指す=2020年12月、新潟県

初の五輪出場に向け、記録を更新し続けてきた男子73キロ級の宮本昌典=2019年7月、東京都

恩師の平良真理さん(左)の指導を受けに母校を訪れた宮本昌典=2019年11月、那覇市・沖縄工業高校

昨年の全日本選手権男子73キロ級で優勝した宮本昌典。初の五輪で表彰台を目指す=2020年12月、新潟県 初の五輪出場に向け、記録を更新し続けてきた男子73キロ級の宮本昌典=2019年7月、東京都 恩師の平良真理さん(左)の指導を受けに母校を訪れた宮本昌典=2019年11月、那覇市・沖縄工業高校

 松川小6年で恩師の平良真理さんと出会い、重量挙げの道に進んだ。日本代表の小宮山哲雄監督は宮本のフォームを「無駄がない。人それぞれ関節や筋肉の腱(けん)の長さも強さも違う。同じことはできない」と評価。体に沿って最短距離でバーベルを引き上げる才能は天性のものだ。

 国内大会は出場するごとに記録を更新したが、4月のアジア予選では悔しさも味わった。ジャークは2、3本目で自信があった188キロを失敗。「五輪の壁は高い」と精神面の課題を痛感しながら、「気持ちを切らさず、五輪のメダルを目標に捉えてやっていきたい」と言い聞かせていた。

 同階級では突出した世界記録保持者の中国人選手を除き、どの選手にもメダル獲得のチャンスがある。全日本選手権の優勝インタビューで語った「来年はもっと強くなった自分が見せられるよう頑張りたい」との言葉を、東京五輪の舞台で証明してみせる。

 宮本昌典(みやもと・まさのり)男子73キロ級。1997年2月、那覇市生まれ。松川小6年で平良真理さんと出会い、重量挙げの道へ。東京国際大では64年東京、68年メキシコ両五輪で金メダルの三宅義信氏に師事。17年世界ジュニア69キロ級で銀メダル。73キロ級でスナッチ155キロ、ジャーク190キロ、トータル345キロの日本記録を保持。沖縄工高-東京国際大出、同大職。161センチ。24歳。

沖縄選手10人の最新ニュースはこちらから

連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
東京五輪 沖縄選手の最新ニュース
東京五輪 沖縄選手の最新ニュース
東京五輪に出場する県出身選手の活躍を早く詳しくお伝えします。
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
楽でお得でポイント高し!
楽でお得でポイント高し!
「オール電化」はセイカツをどうカエルのか?護得久栄昇先生がオール電化生活の安心・お得な魅力を探った。
”コトバチカラ”特設サイト
”コトバチカラ”特設サイト
人々を勇気づけるアスリートのコトバを発信している特設サイト
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。