沖縄県の玉城デニー知事は14日午前、うるま市昆布の陸軍貯油施設から有機フッ素化合物PFOS(ピーホス)などを含む消火汚水が漏出した事故で、米軍からの連絡が1日遅れだったことに関し、「(情報共有が)徹底されていないのは遺憾と言わざるをえない」と不快感を示した。

記者団の取材に答える玉城デニー知事=14日、県庁

 知事は「本来なら、自治体や県に、すぐ報告して対応状況を共有する必要がある」と批判。「危機管理の観点で必要な点だ」と指摘した。県庁で記者団に答えた。