【ロンドン共同】ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)は14日、今年1月時点の世界に配備された核兵器数が増加したとして、世界の核の約9割を保有する米ロの軍拡の動きに懸念を示した。一方、核弾頭総数は推計1万3080個で昨年同時期より2・4%減少したと発表した。

 作戦用に配備された核兵器数は推計3825で、1年前の3720から増加した。このうち即応態勢にある核兵器約2千のほぼ全てを米ロが保有。米ロは古い核弾頭を廃棄する一方、この1年で配備可能な核弾頭を50以上保有したとしている。(共同通信)