沖縄県中城村は、新型コロナウイルスの影響で入館者数が激減している「ひめゆり平和祈念資料館」(糸満市)の親子ペア入館券を村立小中学校の全児童生徒に無料配布する。子どもたちの平和学習と資料館の経営支援を両立する狙いで、同資料館によると県内自治体で初の取り組みだという。同村議会で14日、比嘉良治教育長が「実施する方向で検討する」と説明した。比嘉麻乃議員への答弁。

展示をリニューアルしたひめゆり平和祈念資料館

 村教委は、夏休み前までの配布を目指す。使用期限は来年3月末までで検討している。予算額は、4月9日現在の児童生徒数1981人とそれぞれの保護者1人で、計約107万4千円を見込んでいる。国や県による補助メニューがないため、村が全額を負担する。

 浜田京介村長は村議会で「(コロナ禍でも)守るべきもの、存続しければいけないものがある。資料館への支援の輪が広がるように中城から発信したい」と述べた。

 同資料館は6日、「経営上の危機に直面している」とツイッターに投稿。来館者は20年度、前年度比86%減の6万6532人にとどまっている。