自衛隊が東京と大阪で運営する新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターが、残った予約枠を埋めるため、全国の64歳以下で接種券が届いた人に対象を拡大する方向で調整していることが14日、政府関係者への取材で分かった。防衛省が15日にも決定する。14日には穴埋めの応急対応として自衛隊員や警察、消防、海上保安庁の職員を対象にすると決めたが、さらに踏み込む必要があると判断した。14日には、東京会場で首都圏に勤務する自衛隊員らへの接種を実施した。

 新型コロナウイルスワクチン大規模接種センターの東京会場に向かう人たち=14日午前、東京・大手町

 防衛省によると、15、16日は14日午前の段階でいずれも約4千件の空きがあり、自衛隊員らが受ける見通し。(共同通信)