面識のない女性にわいせつな行為をしたなどとして、強制わいせつと公務執行妨害の罪に問われた在沖米海兵隊キャンプ・コートニー所属の1等兵被告(24)の判決公判が14日、那覇地裁であった。大橋弘治裁判長は懲役2年6月、執行猶予4年(求刑懲役2年6月)を言い渡した。

那覇地裁

 大橋裁判長は「犯行態様は大胆で、強度のわいせつ行為を含む悪質なもの。突如襲われた被害者が恐怖心から抵抗できなかったのも無理はなく、精神的苦痛は相当大きい」と断じた。

 判決によると、被告は1月31日、那覇市内で帰宅途中の女性に声を掛けて駐車場まで連れ込み、被害者の意に反することを認識しながら無理やり抱き付くなどわいせつな行為をした。通報で駆け付けた警察官1人を突き飛ばす暴行を加え、職務の執行を妨害した。