立憲民主、共産、国民民主、社民の野党4党首は14日、国会内で会談し、菅内閣に対する不信任決議案を15日午前に衆院に共同提出する方針で合意した。新型コロナウイルス禍で危機対応の必要があるとして、与党に求めていた国会会期の3カ月延長が拒否されたのを受けた対抗措置。