沖縄気象台は15日午前6時、沖縄本島中南部に大雨警報と洪水警報を発表した。大雨警報は15日夕方まで、洪水警報は15日昼前まで継続の見込み。15日昼前まで土砂災害に厳重な警戒が必要。本島中南部では、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒を呼び掛けている。

15日午前7時5分の雨雲の様子(気象庁HPから)

 沖縄本島地方では、15日夕方まで断続的な雨が降り、15日朝は多い所で1時間に50ミリの非常に激しい雨が降る見込み。渡嘉敷村には土砂災害警戒情報を発表中。崖の近くなど土砂災害の発生しやすい地区にお住まいの方は、早めの避難を心がけ、市町村から発表される避難指示などの情報に注意が必要。

 また本島地方では、15日は積乱雲が発達し、落雷や竜巻などの激しい突風による被害の起こるおそれがあり、屋外活動などに十分な注意が必要。気象台は、発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めるよう呼び掛けている。

▼各地の警報は次の通り。

那覇市[継続]大雨(浸水害)
宜野湾市[継続]大雨(土砂災害)
浦添市[継続]大雨(土砂災害)
沖縄市[継続]大雨(土砂災害、浸水害)、洪水
うるま市[継続]大雨(土砂災害)
南城市[継続]大雨(土砂災害)
読谷村[発表]大雨(土砂災害)
嘉手納町[継続]大雨(土砂災害)
北谷町[継続]大雨(土砂災害、浸水害)、洪水
北中城村[継続]大雨(土砂災害、浸水害)、洪水
中城村[継続]大雨(土砂災害)
西原町[継続]大雨(土砂災害)
与那原町[継続]大雨(土砂災害)
南風原町[継続]大雨(土砂災害)
渡嘉敷村[継続]大雨(土砂災害、浸水害)、洪水
座間味村[継続]大雨(土砂災害、浸水害)、洪水