衆院は15日の本会議で立憲民主など野党4党が共同提出した菅内閣への不信任決議案を自民、公明両党、日本維新の会などの反対多数で否決した。菅義偉首相は新型コロナウイルス対策の柱であるワクチン接種を優先させるため、今国会での衆院解散を回避。感染を抑え、東京五輪・パラリンピックを成功させて政権浮揚を図った後が望ましいとの判断に傾いており、10月21日に議員の任期満了を迎える衆院の解散は9月となる公算が大きくなったとの受け止めが政権内で広がっている。

 衆院本会議で内閣不信任決議案が否決され、一礼する菅首相=15日午後

 15日の衆院本会議

 衆院本会議で内閣不信任決議案が否決され、一礼する菅首相=15日午後  15日の衆院本会議

 首相は15日、電話会談で解散を進言した自民党の二階俊博幹事長に「不信任案を否決してほしい」と指示した。(共同通信)