サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」は16日、宇都宮市での合宿を打ち上げた。期間中の国際親善試合では、ウクライナとメキシコに快勝。東京五輪に臨むメンバー18人の発表を18日に控え、高倉監督は「覚悟を決めて選ぶ。負けない戦をするためのベストな布陣を選びたい」と表情を引き締めた。

 オンライン取材に応じるサッカー女子日本代表の高倉監督=16日

 追加招集を含めた合宿メンバー24人を選考のベースとし、これまでの活動に参加した選手も候補になる。4、6月の親善試合4戦ではいずれも格下相手に大量点を奪ったが、五輪1次リーグでは英国など強豪とぶつかる。監督は「細部にわたってトレーニングをし、五輪の舞台に立ちたい」と話した。(共同通信)