3日の午前6時半、携帯の着信で目覚めると「津堅島にヘリ不時着。すぐ現場へ」の指示。急いで家を出て、7時半発の高速船に飛び乗った。そのまま島に2泊するという大変な取材だったが、宿泊場所を提供していただくなど、島の人の温かさには感動し、癒やされた。