育成選手から支配下選手に復帰したDeNAの田中健二朗投手が17日、横浜市の球団事務所で記者会見を行った。背番号が046から以前の46に戻り「懐かしい感じもするし、やってやろうという気持ち」と言葉に実感を込めた。

 ユニホームを手にするDeNAの田中健=17日、横浜市の球団事務所(球団提供)

 2016年から2年連続で60試合以上に登板したが、19年に左肘の内側側副靱帯再建手術を受け、昨年から育成選手となってリハビリに励んだ。左の救援投手として31歳で復帰し「まだ老け込む年齢じゃない。また60試合投げられるよう頑張っていく」と意気込んだ。(共同通信)