沖縄本島中南部は17日午後9時ごろからの強い雨で、道路が一部通行止めになるなどの影響が出た。

大雨で冠水した南風原町内の道路=17日午後11時半すぎ

 県警によると、豊見城市嘉数の市道42号の一部で約20センチ冠水し、午後11時現在、付近が通行止めとなっている。宜野湾市神山では市道11号の一部が約40センチ冠水し、午後9時10分ごろから約40分間通行止めとなった。

 南風原町では午後11時34分、町内各地で道路冠水が発生していることを知らせる緊急速報メールが携帯に流れた。川のようになった道路の前で引き返したり、水しぶきを上げて通る車がみられた。