沖縄タイムス+プラス ニュース

パソコンで「挙手」する児童、収録動画が主流の高校 コロナ休校の沖縄で見たオンライン授業の現在地

2021年6月18日 17:00

[ニュース近景遠景]

休校中に配信する授業動画を準備する教員=8日、北中城高校

オンラインで国語の授業をする教師=17日午前、うるま市・与那城小学校

休校中に配信する授業動画を準備する教員=8日、北中城高校 オンラインで国語の授業をする教師=17日午前、うるま市・与那城小学校

 新型コロナウイルス感染拡大による休校期間中、沖縄県内各校はオンライン授業の模索を続けた。高校生は基本的に私物の端末で、「画面の小さなスマートフォンでは目が疲れる」との声が漏れる。「1人1台」の環境が整った小学校では低学年への対応が課題で、学校は内容に工夫を凝らした。

■いつでも何度でも

 休校期間に入ったばかりの8日、北中城高校では教員たちが授業動画の準備を進めていた。パワーポイントで独自教材を作成したり、白板などで授業する様子を録画したり。目の疲れを考慮して長さは15分程度に収め、文字を大きめにするなど工夫を凝らす。

 田名裕治校長は「昨春の休校以降、情報通信技術(ICT)利用のノウハウを蓄えてきた。登校できなくてもオンライン授業でかなりカバーできるのでは」と期待する。

 県内の高校では、こうした「オンデマンド型」が主流を占める。「いつでも何度でも」視聴できるのが特徴だ。教員の一人は「きょうだいと部屋を共有している生徒も静かな時間を選んで見られる。分からない所を繰り返し確認できるのもメリット」と指摘する。

 ただ、生徒に任せきりだと課題をためてしまうことがあり、普段の時間割に沿って学習するよう求めている学校もある。

■スマホで目の疲れ

 一方、一部の学校は「同時双方向型」を積極的に取り入れた。その場で質疑応答や発表をしたり、教員が臨機応変に授業を展開したりできるのが魅力だ。

 両方の授業を取り入れている高校の教頭は「それぞれに特性や長所がある。一つの授業の中で両方の要素を取り入れるなど、試行錯誤している」と話す。

 高校の端末整備は小中学校に比べて遅れており、生徒は基本的に私物のスマホなどで授業を受ける。目の疲れのほか、機種による性能・操作方法の違いや、通信費の保護者負担は、現場の共通の悩みだ。

 校長の一人は「2週間程度の休校ならしのげても、長引くと厳しい。本格的なオンライン授業をするなら高校でも一人一人に端末を貸し出せるような環境整備が必要では」と問題提起する。(編集委員・鈴木実)

沖縄県内の「新型コロナ」これまでの記事一覧

連載・コラム
記事を検索
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
注目コンテンツ
東京五輪 沖縄選手の最新ニュース
東京五輪 沖縄選手の最新ニュース
東京五輪に出場する県出身選手の活躍を早く詳しくお伝えします。
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
楽でお得でポイント高し!
楽でお得でポイント高し!
「オール電化」はセイカツをどうカエルのか?護得久栄昇先生がオール電化生活の安心・お得な魅力を探った。
”コトバチカラ”特設サイト
”コトバチカラ”特設サイト
人々を勇気づけるアスリートのコトバを発信している特設サイト
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。