コンクリート二次製品製造の沖坤(おきこん)(名護市、宮城勝社長)が製造・販売する風化サンゴを使った壁用漆喰(しっくい)「琉球の塗壁(ぬりかべ)」の輸出が好調だ。8月に台湾企業と提携し、輸出を本格化。12月には中国・福建省にも出荷先を広げた。