沖縄タイムス+プラス ニュース

「政府と沖縄県、対立鮮明」 北部訓練場・返還式典めぐる米報道

2016年12月24日 09:43

 【平安名純代・米国特約記者】米主要メディアは22日、1972年の本土復帰後、最大規模となる北部訓練場約4千ヘクタールの返還を記念し、日米両政府による式典が開かれたが、沖縄県知事が欠席し、日本政府と県の対立が明確になったなどと報じた。

セレモニーで米軍側から返還写真のパネルを贈呈された宮城久和国頭村長(左から2人目)、伊集盛久東村長(右)と日米関係者=22日、名護市・万国津梁館

 ロイター通信は、名護市の万国津梁館で開かれた記念式典で、菅義偉官房長官が本土復帰後最大規模の返還は「基地負担軽減に大きく資する」と強調する一方で、翁長雄志知事はオスプレイ墜落事故に対する抗議集会に参加し、式典は欠席したと指摘。「沖縄トップ不在の異例の式典」となり、基地問題を巡る政府と沖縄県の対立が鮮明になったと伝えた。

 米CNNテレビ(電子版)は「日米両政府は戦後最大規模の返還と強調するが、沖縄にある米軍専用施設の74%が71%となったにすぎない」と指摘。県民や平和活動家らの「オスプレイ用のヘリパッドが建設されたため、不要になったものを返したにすぎない」との怒りの声などを伝えた。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS