自民党の安倍晋三前首相は18日に放送されたニッポン放送のラジオ番組で、次期衆院選に関し「菅義偉首相を中心に戦い抜かなければいけない。新型コロナウイルス禍を克服し、日本がV字回復してアフターコロナの新しい在るべき姿をつくり上げる上でも、何としても勝ち抜かなければいけない」と述べた。

 安倍晋三前首相

 コロナ禍で不安や不満を持つ有権者も多く、厳しい戦いになるとの認識も示した。

 コロナの感染拡大を抑える目的での私権制限の議論に関連し「緊急事態で国民の命や安全を守るためには、私権制限もあり得ると明確にすべきではないか」と語った。(共同通信)