18日午前0時20分ごろ、沖縄県南城市大里の県道86号で「土砂崩れが起きて木が道路をふさいでいる」との110番通報があった。道路管理者の南部土木事務所によると、幅30メートル高さ12メートルにわたり山の斜面が崩落している。

幅30メートルにわたり崩れた山の斜面=18日午前11時半ごろ、南城市大里の県道86号

幅30メートルにわたり崩れた山の斜面=18日午前11時半ごろ、南城市大里の県道86号

幅30メートルにわたり崩れた山の斜面=18日午前11時半ごろ、南城市大里の県道86号 幅30メートルにわたり崩れた山の斜面=18日午前11時半ごろ、南城市大里の県道86号

 人身の被害などは確認されていない。現場では同日午前7時ごろから斜面の付近を通行止めにし、復旧作業を進めている。