バスケットボール男子Bリーグの琉球ゴールデンキングスは18日、日本代表の渡邉飛勇22と2021~22シーズンの選手契約を結んだと発表した。

渡邉飛勇

 渡邉は米国ハワイ出身で身長207センチ、体重106キロのパワーフォワード。高校2年までバレーボールををしていたが、ポートランド大でバスケの経験を積み、昨季はカリフォルニア大学デービス校大学院でプレーした。

 2018年から継続的に日本代表に選出され、現在、フィリピンで開催中のFIBAアジア・カップにも参加。16日の中国戦では3点3リバウンドの内容だった。

 球団を通じて「ハワイ出身なので、すでに沖縄とのつながりがある気がする。皆さんの力をお借りして、優勝するために戦う」とコメントした。球団の安永淳一取締役は「ローポストでの巧みな技とパワーでプレーし、チームメートの良さを引き出すことができる。将来の日本のバスケ界をけん引する選手」と期待した。