沖縄タイムス+プラス ニュース

休校でもちゃんと野菜食べて 就労支援事業所、地域の子に弁当を無償提供 沖縄の豊見城市

2021年6月19日 18:00

 沖縄県豊見城市平良の就労継続支援B型事業所「Common’s(コモンズ)」は14~18日の5日間、地域住民に無償で弁当を提供した。新型コロナウイルスの影響で、休校になった子どもたちのために、野菜を多めに入れた弁当は好評だった。幸喜利奈代表(34)は「地域と交流を深め、顔見知りになり、名前で呼び合える関係を築きたい」と笑顔を見せた。

コモンズの幸喜利奈代表(中央)とスタッフ。マスクの下で笑顔を見せる=16日、豊見城市平良

 鶏の唐揚げや魚のフライをメインに、エンサイの炒め物、もやしナムル、里芋の煮っ転がし、穴にキュウリを入れたちくわなど野菜がたくさん。前日から仕込み、午前7時から幸喜代表のほか、事業所スタッフと利用者が調理した。材料費の一部は県の子ども未来基金の助成を受けている。

 1日20~40食を用意。午前11時にオープンすると子どもたちが列を作った。「こんにちは」「三つください」。スタッフから弁当を受け取ると、「ありがとうございます」と大きな声で感謝した。

 高校2年、小学5年、小学3年の男の子を育てる山口愛梨さん(41)は「仕事の日は、昼食を準備して出掛けるが、3食とも私の料理だと飽きてしまう。とてもありがたい」と話した。

 友人からの連絡で知った女性(40)は子ども3人と事業所を訪れた。「飲食店で働いているが、営業時間の短縮で経済的に厳しい。昼ご飯もカレーやシチュー、スパゲティとメニューが偏っていたので野菜の多い弁当はうれしい」

 コモンズは、豊見城市のこども・子育て応援団に認定されている。幸喜代表は「子どもから高齢者まで、地域の皆さんの役に立ちたいと考えていた。弁当を受け取る人の喜ぶ顔が見るだけで幸せ」と語った。

連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
東京五輪 沖縄選手の最新ニュース
東京五輪 沖縄選手の最新ニュース
東京五輪に出場する県出身選手の活躍を早く詳しくお伝えします。
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
楽でお得でポイント高し!
楽でお得でポイント高し!
「オール電化」はセイカツをどうカエルのか?護得久栄昇先生がオール電化生活の安心・お得な魅力を探った。
”コトバチカラ”特設サイト
”コトバチカラ”特設サイト
人々を勇気づけるアスリートのコトバを発信している特設サイト
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。