沖縄タイムス+プラス ニュース

【#沖縄ワクチン情報】広域接種センター 3カ所目は那覇が候補 警官や消防士ら対象

2021年6月19日 11:30

 新型コロナウイルス感染症対策として、県が新設する3カ所目のワクチン広域接種センターの設置先について那覇市内を候補地として絞り込んだことが18日、分かった。複数の関係者によると、市若狭の那覇クルーズターミナルなどが候補に挙がっている。県は同日、同センター設置経費約10億6千万円(新規)を含む約275億2千万円(全5事業)の第10次補正予算案を県議会に説明した。週明けの本会議に提案し、審議する。

(資料写真)那覇市役所

 センター設置は3カ所目。警察官や消防士など社会を支えるエッセンシャルワーカーを受け入れる。関係者によると、規模は1日1千~2千人規模を予定。時間帯は平日午前10時から午後5時を想定している。

 県幹部によると、那覇市と宜野湾市に設置した同センターのうち、那覇市の予約状況が100%近く埋まっていることなどを勘案し、那覇市内で設置場所を絞り込んでいた。

 新規事業はほかに「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金支給事業」の約4億円で、生活保護に準じる水準の困窮世帯に対する支援策。世帯規模によって最大30万円を支給する。今回の補正予算で最大規模となるのが「うちなーんちゅ応援プロジェクト」で約151億円。県は緊急事態宣言下で、酒類を提供する飲食店への休業要請などに伴う協力金の支給を行っているが、7月11日までの宣言延長に伴って要請も続くため経費を確保した。県は約1万2千店舗が対象と想定している。

 大型商業施設などへの時短要請に伴う「集客施設等協力金支援事業」は約16億円で、これも同宣言延長に伴う事業。土日の休業要請は20日で終了となるが、時短要請は継続するため、応じた店舗への協力金の経費として盛り込んだ。

 「生活福祉資金貸付事業費」は約93億4千万円で、生活に困窮する個人向け緊急小口資金などの貸し付けのための経費とした。

沖縄県内の「新型コロナ」これまでの記事一覧

連載・コラム
記事を検索
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
注目コンテンツ
東京五輪 沖縄選手の最新ニュース
東京五輪 沖縄選手の最新ニュース
東京五輪に出場する県出身選手の活躍を早く詳しくお伝えします。
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
楽でお得でポイント高し!
楽でお得でポイント高し!
「オール電化」はセイカツをどうカエルのか?護得久栄昇先生がオール電化生活の安心・お得な魅力を探った。
”コトバチカラ”特設サイト
”コトバチカラ”特設サイト
人々を勇気づけるアスリートのコトバを発信している特設サイト
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。