東京地裁は18日、未曽有の大規模な買収事件を断罪し、前衆院議員の河井克行被告に元法相として異例の実刑判決を言い渡した。選挙の公正性をゆがめたとする厳しい非難は当然だが、巨額資金を投入した自民党にも原因を究明する責務がある。