日本バドミントン協会は18日、東京五輪代表にシングルスの男子で世界ランキング1位の桃田賢斗(NTT東日本)、女子で2016年リオデジャネイロ五輪銅メダルの奥原希望(太陽ホールディングス)ら13選手が決まったと発表した。リオ五輪を違法賭博問題で棒に振った桃田は初の五輪出場となる。